ベビーマッサージとは?夜泣き防止にもなるの?効果・やり方をご紹介

生まれたばかりの赤ちゃんとのスキンシップとして注目されているベビーマッサージ。

親子の絆を深めたり、赤ちゃんの発達を促してくれたりといった様々な効果が期待されています。

そう聞くとすぐにでも始めたい!と思う方も多いかもしれませんが、赤ちゃんの肌はとても薄くデリケート。ベビーマッサージは大人のマッサージとは全く別物です。

間違った方法でやってしまうと肌を痛めるなど赤ちゃんにとって逆効果となってしまいますので、きちんと理解した上で行いましょう。

今回は、そんなベビーマッサージについて具体的な効果ややり方などをご紹介します。

ベビーマッサージとは?

ベビーマッサージとは、赤ちゃんとのスキンシップ方法のひとつです。

大人に行うような凝りをほぐすマッサージとは異なり、赤ちゃんの肌に優しく触れて愛情を伝えることで、心や体の発達に良い影響を与えるとされています。

また、ママ・パパ自身も赤ちゃんに触れてその反応を見ることで愛情ホルモンが分泌され、情緒が安定するとも言われています。

ベビーマッサージは赤ちゃんの心身の成長に与える効果だけでなく、ママやパパにも良い効果を与えてくれるものなのです。

ベビーマッサージの効果・メリットとは?

赤ちゃんの精神の安定・夜泣きの改善

優しく心地よい刺激があることで、精神的に安定します。精神が安定することで夜泣きの改善も期待できます。

脳や身体の発達を促す

優しくマッサージすることで、脳に刺激を与え発達を促します。また血行を促進し筋肉の発達もサポートします。

便秘の解消

腸をゆっくり刺激してあげることで、赤ちゃんの便秘解消にも役立ちます。但し、強く押しすぎないよう、あくまで撫でる感覚で触れましょう。

赤ちゃんの体調の変化に気づきやすくなる

赤ちゃんの様子を見ながら行うマッサージを日々行うことで、ちょっとした体調の変化にも気づきやすく早い段階で対処することができるようになります。

ママ・パパへの効果

柔らかい赤ちゃんの肌に触れることで、ママやパパもリラクゼーション効果を得られます。

また、赤ちゃんの反応を見ながら行うことで、深い愛情も感じやすくなり親子の絆も深まります。

ベビーマッサージを始めるタイミングは?

ベビーマッサージを始めるタイミングは、刺激の度合いによって様々です。

生まれた直後から行えるものもありますが、生まれたばかりの赤ちゃんの肌はとてもデリケートなうえ、いきなりマッサージのような刺激を与えると驚いてしまう赤ちゃんもいます。

まずは手や足など触れられることに慣れている部分から始め、身体全体に触れるようなマッサージは生後6~8週間を目安に行いましょう。

特にオイルを使用するマッサージは少なくとも生後4週間を目安にするといいでしょう。

ベビーマッサージはいつ行うのがベスト?

特に決まった時間帯はありませんが、赤ちゃんの機嫌の良いときに行うよう心がけましょう。

おすすめは入浴後や就寝前です。1日1回10~15分程度を目安に行います。

また、赤ちゃんの負担にならないよう何回かに分けて部分的に行うのもおすすめです。

尚、授乳後や食後すぐは控えます。他には、予防接種を受けた後や発熱時、湿疹などで肌の調子が良くないときなどもベビーマッサージは控えましょう。

ベビーマッサージの準備

使用するものは、赤ちゃんを寝かせるバスタオルと、マッサージオイル(使用しなくてもOK)です。

マッサージオイルは、刺激の少ない植物性のものを使用します。オリーブオイルやホホバオイル、カレンデュラオイルといったものです。ベビーマッサージ専用に市販されているものもあるのでチェックしてみましょう。

また、赤ちゃんが泣いてしまったときのためにおしゃぶりやお気に入りのおもちゃなど、泣き止んでくれるものを用意しておくと安心です。

ベビーマッサージを行う際の室温は25度前後にしておきます。ベビーマッサージは赤ちゃんを裸にして行うため、室温は十分に気をつけて、必要に応じてタオルなどをかけてあげましょう。

また、オイルを使用する場合は事前にパッチテストを行います。赤ちゃんの太ももや二の腕にオイルを少量つけて30分ほど様子を見ておきましょう。30分経ち、肌に赤みが出ているような場合はそのオイルを使うのはやめておきます。

ママの準備も大切です。爪は切り、アクセサリーは外しましょう。

手が冷たすぎないかも確認します。

ベビーマッサージのやり方

では、実際にマッサージを行っていきましょう。

ベビーマッサージをするときは、いきなり始めるのではなく、必ず赤ちゃんに「ベビーマッサージを始めるよ」と声をかけてから行いましょう。急にマッサージをすると赤ちゃんが驚いてしまいます。

また、ベビーマッサージで最も大切なのは「赤ちゃんとのスキンシップをはかり、愛情を伝えること」です。

強い刺激ではなく赤ちゃんの肌に優しく触れることを意識しましょう。

足のマッサージ

  1. オイルをたっぷり手に取り、手で温めてから片足ずつオイルをのばす。
  2. 足のつけ根から足首まで両方の手で握りながら滑らせる。もう片方の足も同様に行う。
  3. 左手で足首をもち、右手で太ももをもむようにくるくるとマッサージする。もう片方の足も同様に。
  4. ふくらはぎの裏を、左右の手で交互になでおろす。もう片方の足も同様に行う。

お腹~胸のマッサージ

  1. オイルをたっぷり手に取り、手のひらで「の」の字を書くようにおへその周りを撫でる。
    ※力を入れすぎると吐いてしまうこともあるので注意する。
  2. 赤ちゃんの胸に両手をあて、外回りでハートを描くように大きく撫でる。

腕のマッサージ

  1. オイルをたっぷり手に取り、赤ちゃんの肩に両手を置いて肩を温める。
  2. 腕のつけ根から手首に向かってなでおろす。
  3. 親指を使って赤ちゃんの手のひらを軽くもむ。

背中のマッサージ

首がすわっていない赤ちゃんは、しっかり首を支えながらうつぶせにしましょう。

  1. オイルをたっぷり手に取り、赤ちゃんの肩甲骨に両手を置き、背中からお尻に向かってゆっくりなでおろす。
  2. おしりを、ハートを描くように大きくなでる。
  3. 仰向けに戻し、肩から足首まで2、3回優しくなでおろす。

ベビーマッサージ後の注意点

ベビーマッサージ後は、始めるときと同じように「マッサージ終わったよ」と声をかけてあげましょう。

また、代謝が上がって水分が必要となりますので、マッサージ後はミルクや白湯などで必ず水分補給をするようにしましょう。

オンラインでベビーマッサージにチャレンジしてみよう

今回ご紹介したマッサージ方法はあくまで一例です。

他にも様々な方法がありますので、ぜひ赤ちゃんとご自身に合ったベストなマッサージ方法を探してみてください。

初めてやるので心配、という方はヨガのオンラインレッスンが充実しているclassmall(クラスモール)でベビーマッサージのクラスを探してみてはいかがでしょうか?

オンラインのクラスなら、自宅で受講できるので万が一赤ちゃんがぐずってしまっても安心です。

yun先生KASUMI先生やがベビーマッサージのレッスンを開催しているので、気軽に参加してみてくださいね。こちらの先生方は、元幼稚園教諭なので、子育ての悩みも相談しやすいですよ。

ぜひベビーマッサージを通して、赤ちゃんとのスキンシップを楽しんでくださいね。

この記事を監修してくれたのは

emi
emi
会社員時代から始めたヨガ歴は20年。2016年に全米ヨガアライアンス認定RYT200を修了。ヨガインストラクターとしての活動を始め、2021年には妊娠をきっかけにRPYT85(産前産後ヨガ指導者クラス)を修了。心と身体をケアするヨガをモットーに、アーサナだけではない自分の心にも寄り添う瞑想にも重きを置いた指導をしています。

投稿者: emi

会社員時代から始めたヨガ歴は20年。2016年に全米ヨガアライアンス認定RYT200を修了。ヨガインストラクターとしての活動を始め、2021年には妊娠をきっかけにRPYT85(産前産後ヨガ指導者クラス)を修了。心と身体をケアするヨガをモットーに、アーサナだけではない自分の心にも寄り添う瞑想にも重きを置いた指導をしています。