ヨガで痩せるって本当?3つの理由とオススメのポーズをご紹介します!

ダイエット目的でヨガを始めたという人、始めようかと考えている人は多いはず。
しかし、「あんなにゆったりとした動きで痩せるの?」なんて疑問に思いませんか?

結論から言うと、ヨガで痩せることは可能です。

今回はヨガで痩せる3つの理由と、ダイエットにオススメのヨガポーズをご紹介します。
ポーズは初級編と中上級編に分かれているので、初心者の方も慣れている方もぜひチェックしてみてくださいね。

ヨガで痩せる理由

ヨガはダイエットに向いている運動の一つです。
様々な理由がありますが、その中でも代表的なのが次の3つです。

「溜め込まない」体になる

ヨガは内臓にアプローチすることができる運動方法の一つ。
そのため、消化機能が活性化され消化不良や便秘を防ぐことができます。

また、体をひねることで老廃物や毒を体から追い出せるというのも大きなポイント。

体に不要なものを溜め込まないので、余分な体重増加や老廃物などによるダイエットへの悪影響を防ぐことができ、いつもスッキリとした状態をキープすることができるのです。

巡りがよくなる

血流やリンパの流れなど、体の巡りはダイエットにとって非常に大切な要因です。
巡りが悪くなるとセルライトの原因になるむくみを頻繁に感じたり、体が冷えることで代謝が落ちたりとダイエットに様々な悪影響を及ぼします。

ヨガを行うと血管やリンパ管などが集まる関節が適度に刺激される上、筋肉がほぐれるため巡りは劇的にアップ
むくみがなくなり、体が温まることで代謝も良くなるので、ダイエットには非常に効果的と言えるでしょう。

筋肉が発達する

「ヨガ」というとゆったり動くイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、レッスンの内容やポーズによってはかなり筋力を使うものもあります。

筋肉を使えばその分体が引き締まるため、細見え効果は抜群。
また、筋肉量が増えれば基礎代謝が上がるため、痩せやすい体を作ることもできるのです。

オススメのヨガポーズ〜初級編〜

トラのポーズ

  1. 肩の真下に手首、股関節の真下に膝がくるように四つん這いになる
  2. 右足を後ろに引いてつま先を立て、息を吐きながら骨盤と同じ高さにまで持ち上げる
  3. 余裕があれば左手をそっと持ち上げ、前方へ伸ばす
  4. 数呼吸キープする
  5. 反対側も同様に行う

「トラのポーズ」は体幹をはじめとする様々な筋肉を刺激することができるポーズ。継続することでお腹まわりや背中まわりがキュッと引き締まります。息が止まりがちなポーズなので、深い呼吸を繰り返すよう意識しましょう。

ダウンドッグ

  1. マットに四つん這いになる
  2. 息を吸いながらお尻を持ち上げる
  3. 息を吐きながら指先から尾てい骨までを一直線に伸ばす
  4. 次の吐く息に合わせてかかとをマットにおろし、余裕があれば膝を伸ばす
  5. ゆっくりと呼吸を繰り返す

「ダウンドッグ」は全身を伸ばすことができるヨガの代表的なポーズ。脚まわりや肩まわりなど体の多くの部分がほぐれるため、全身の巡りがよくなります。余裕があればポーズ中に足踏みを取り入れて、脚まわりをより深く伸ばしてみてくださいね。

チェアポーズ

  1. 脚を腰幅に開いた状態でマットに立ち、両手を腰に添える
  2. 息を吐きながら股関節を引き込み、膝を曲げる
  3. 膝がつま先より前に出ない位置まで腰を落とす
  4. 息を吸いながら両手を天井に向かって伸ばす
  5. 数呼吸繰り返す

「チェアポーズ」は太ももの筋肉・大腿四頭筋など大きな筋肉を刺激できるポーズ。大きな筋肉は発達しやすいため、基礎代謝アップにも効果的です。膝がつま先よりも前に出ないよう、しっかりとお尻の力を使ってポーズをキープしましょう。

オススメのヨガポーズ〜中・上級編〜

チャトランガ

  1. マットに四つん這いになる
  2. つま先を立てながら片足ずつ後ろに伸ばし、膝を床から離す
  3. 頭頂からかかとまでを一直線にする
  4. 息を吸いながら脇を締める
  5. 吐く息に合わせて体をやや前にスライドさせ、肘を曲げる
  6. 体と床が平行になったところで数呼吸キープする

「チャトランガ」は二の腕の引き締めやインナーマッスルの強化に効果的なポーズです。難易度は高いですが、繰り返し行うことで全身が引き締まります。板のポーズと連続して行うとより効果的ですよ。

三角のポーズ

  1. 両足を肩幅の2倍くらいに開いて立つ
  2. 右足のつま先は右側、左足のつま先は正面に向ける
  3. 両手を左右に広げ、息を吐きながら右の股関節を引き込む
  4. 3と同時に右手を右側へと引っ張る
  5. 体側が十分に伸びたら手を上下に開き、目線を左手の指先に定める
  6. 数呼吸キープする
  7. 反対側も同様に行う

「三角のポーズ」は全身をダイナミックに使うポーズ。血流を改善したり便秘を解消したり、ウエストや脚を引き締めたりとダイエットにとても効果的です。ポーズ中はお尻が後ろに引けないよう、細い隙間でポーズをとっているイメージで行ってみましょう。

英雄のポーズ3

  1. マットの中央に両足を揃えた状態で立ち、両手を腰に添える
  2. 軽く膝を曲げたら左足に重心を乗せ、上体を倒しながら右足をゆっくりと持ち上げる
  3. 頭頂から右足までが床と平行になるようにする
  4. 息を吐きながら右足のかかとを押し出し、余裕があれば両手を前方へと伸ばす
  5. 数呼吸キープする
  6. 反対側も同様に行う

「英雄のポーズ3」は下半身の強化やインナーマッスルの強化に効果的なポーズ。体の引き締めや基礎代謝アップに役立ちます。非常に難易度の高いポーズなので、不安な方は壁や机など何かにつかまりながら練習してみてくださいね。

オンラインレッスンへの挑戦もおすすめ!

「ヨガを続けていれば痩せるかもしれない!」と思った方は、オンラインレッスンにもチャレンジしてみましょう。
ヨガインストラクターと一緒に流れに沿って体を動かすため、ポーズ単体で行うよりもよりダイエットに効果的です。

classmallにはダイエット系の様々なレッスンがラインアップされています。
肩こり解消やリラックスといった緩やかなレッスンもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ヨガを習慣化して、ダイエット&快適な体作りに励みましょう!

継続が鍵!ヨガで痩せ体質をGETしよう!

ヨガは様々な理由でダイエットに効果的ですが、一番大切なのは継続すること。
1回行って満足するのではなく、1週間に2〜3回のペースで行うことでより高い効果を発揮します。

もちろん、毎日何時間も頑張らなくてOK。
軽めに動く日としっかり動く日を織り交ぜながら、無理せず続けてみてくださいね。

そのうちに憧れの体へ近づいているはずですよ!

この記事を監修してくれたのは

ゆとりーな
ゆとりーな
3歳から新体操をはじめ、チアダンスやジャズダンスなど様々なダンスに取り組む。
出版社での編集を経験後、渡米しヨガインストラクターの資格を取得。
現在はフリーライターとして活動しつつ、ヨガ&フィットネスインスタクターとして指導を行う。

classmall(クラスモール) オンライン習い事マーケット