ハッピーベイビーのポーズとは?効果とやり方を覚えてヨガを楽しもう

ハッピーベイビーのポーズとは?

寝転がりながら行うハッピーベイビーのポーズは、股関節やお尻の柔軟性を養ってくれるポーズです。

サンスクリット語と英語では以下のように呼ばれています。

サンスクリット語:アーナンダ バラーサナ/Ananda Balasana
英語:Happy Baby Pose

Anandaは「幸せ」、Balaは「子供」という意味。日本のレッスンでもハッピーベイビーと呼ばれていることが多いです。赤ちゃんが寝転んで喜んでいる姿に由来していることから名前が付けられました。

簡単そうに見えて、股関節や足の柔軟性がない方には辛いポーズでもあります。あまり得意ではないという方も少なくありません。

今回は、ハッピーベイビーの効果ややり方のコツをご紹介します。硬くても挑戦できるよう軽減法なども一緒に見ていきましょう。

ハッピーベイビーのポーズの効果とは?

お尻や股関節が柔らかくなるハッピーベイビーのポーズにはさまざまな効果が期待できます。

臀筋でんきんやハムストリングのストレッチ

ハッピーベイビーのポーズは、ひざを床に近づけるので、股関節だけでなく、モモ裏などを伸ばす効果が期待できます。お尻の臀筋やハムストリングのストレッチに効果的なポーズです。

お尻やハムストリングの硬さは、冷え性や腰痛にもつながります。柔らかくして症状を改善してあげたいですね。

腰痛の緩和

腰につながる臀筋の筋力を伸ばし緩めることは、腰痛の緩和にも良いとされています。尾骨を浮かせないようにして、ハッピーベイビーのポーズをとることで、臀筋をしっかりと伸ばしましょう。

股関節の柔軟性Up

ハッピーベイビーのポーズは、股関節の柔軟性にアプローチしてくれます。前屈やローランジの時にひざやひざ裏が痛くて思うように伸ばせないという人にもおすすめです。ひざの痛みなくハムストリングや股関節を伸ばすことができます。

便秘解消

ハッピーベイビーは、呼吸を整え落ち着かせてくれる効果も期待できます。朝に自律神経を整えて、リラックスすることで、腸の蠕動ぜんどう運動を促してくれるでしょう。便秘解消にも効果的です。

朝の慌ただしい時だからこそ、ゆったりとした呼吸を心がけましょう。

下半身の血行促進

ハッピーベイビーのポーズは、下半身の血行促進に効果的。ひざを身体の横に落とすことで、股関節を開き伸ばし、足の付け根にあるリンパ節を刺激することができると言われています。下半身の溜まっていたリンパ液や血液を流すことで、むくみの改善にもつながります。

リラックス効果

ハッピーベイビーのポーズでは、背中を左右にゆらゆらと揺すってあげることもできます。緊張で張っていた背中をリラックスし、ゆったりとした呼吸をすることで、リラックス効果を促してくれるでしょう。

ハッピーベイビーのポーズは、下半身の血行促進やリラックス効果など、女性に嬉しい効果がたくさん詰まっています。朝起きた時や、1日の疲れを癒したいときなどに行うのがおすすめです。

ぜひ深い呼吸をしながら行ってみてください。

ハッピーベイビーのポーズは婦人科系の悩みにも効果的?

身体のだるさを感じたり、むくんでしまったりと何かと気になることが多い生理中。

  • 生理中は何もしたくない
  • だるくて動きたくない
  • 生理痛が辛い
    など、

やる気が起きず、生理痛に悩まされる方も少なくありません。下半身の血行を促進してくれるハッピーベイビーのポーズの効果は、生理痛や重さの緩和に効果的です。

ゆったりとした呼吸は生理中のイライラなどを落ち着かせたいときにもおすすめ。

ハッピーベイビーのポーズの後は脱力して寝転がり、ポーズの余韻も感じてあげると良いでしょう。

ハッピーベイビーのポーズのやり方とコツ

それでは、ハッピーベイビーのポーズのやり方をご紹介します。

ハッピーベイビーのポーズ

  1. マットに仰向けになる
  2. 両膝を胸に抱えて、深呼吸をする
  3. 吐く息で、背筋をのばす
  4. 両手を膝の内側から伸ばし、足を小指側から持つ
  5. ひざを開いて、かかとを天井に向ける
  6. 腰が浮いてしまわないように尾骨を床に戻す
  7. かかとと手のひらは押し合う力を入れておく
  8. ゆったりとした呼吸を行う
    リラックスしたい時は、身体を左右にゆすってあげましょう。
  9. 10呼吸ほどキープする
  10. 両足を前に伸ばし、ポーズの余韻を味わう

股関節が硬い人は、臀筋やハムストリングに力を入れすぎたり、無理やり伸ばしすぎたりすると筋肉や神経を痛める可能性もあるので、加減に気をつけましょう。

慣れてくると気持ちの良さを楽しめますよ。

ハッピーベイビーが痛いときは軽減法で行おう!

ももやお尻、腰の柔軟性が足らず、ハッピーベイビーのポーズが痛いという方も少なくありません。両かかとを天井にあげることさえ難しい場合があります。そんな時は、軽減法やプロップスを使ってポーズを行いましょう。

手で力任せにポーズをとってしまうと、お尻やハムストリングを痛める原因にもなりかねません。自分の身体としっかりと相談してください。

ここでは、硬くてもできるハッピーベイビーポーズの練習法や軽減法をご紹介します。

タオルを使った軽減法

ひざを床に近づけることが難しく、かかとを天井に持ち上げられない場合は、手で直接足を掴むのではなく、タオルなどを利用するのがおすすめです。

  1. マットに仰向けになる
  2. 両膝を胸に抱えて、深呼吸をする
  3. 吐く息で、背筋をのばす
  4. 両手を膝の内側から伸ばし、足にタオルをかける
    このときタオルを輪っかにしておくとかけやすいです。
  5. タオルを掴みながら両かかとを天井に向ける
  6. 足を引っ張りながら、かかとで天井に向けて押す力もいれる
    硬い人はここで尾骨が浮きやすいので、尾骨を床に戻し、タオルの持つ位置を調整しましょう。
  7. ゆったりとした呼吸を行う
    リラックスしたい時は、身体を左右にゆするのもおすすめです。
  8. 10呼吸ほどキープする
  9. 両足を前に伸ばし、ポーズの余韻を味わう

タオルの長さや持つ位置を調整して、自分の身体にあうように調整をしましょう。

片足ずつ挑戦しよう

  1. マットに仰向けになる
  2. 右膝を胸に抱えて、深呼吸をする
  3. 吐く息で、背筋をのばす
  4. 右手を膝の内側から伸ばし、足の小指側をつかむ
  5. かかとを天井にあげる
    このとき左足は前に伸ばしたままにします。できればひざが曲がらないようにしましょう。
  6. かかとと手のひらは押し合う力を入れておく
  7. ゆったりとした呼吸を行う
  8. 10呼吸ほどキープする
  9. 両足を前に伸ばし、ポーズの余韻を味わう
  10. 反対側も行う

片方づつなら尾骨が上がりにくく、ストレッチを入れやすいです。

ハッピーベイビーのポーズでもも裏やお尻が痛い場合

軽減法をやってみても、もも裏や臀筋が伸びすぎて痛い方や伸びすらもを感じないという方もいらっしゃいます。

その場合は、足をつかむのではなく、もも裏やスネを持ってポーズを行いましょう。

仰向けで両膝を胸に寄せるだけでも有効的です。まずは、お尻や腰まわりを伸ばしてあげると良いでしょう。

ヨガは自分の身体の柔軟性に合わせ、ポーズを楽しむことがポイントです。無理をしても身体のためにはならないので、身体の声を聞いて行いましょう。

オンラインでもヨガを楽しもう

ハッピーベイビーのポーズは、股関節の柔軟性にアプローチしながら、リラックスできるポーズです。お家のベットの上で、朝や寝る前に行うのがおすすめ。生理痛の緩和にも効果があり、女性にも人気です。

classmallでは、オンラインでヨガを楽しむことができます。好きな先生やレッスンを見つけて予約しましょう。

初心者には、大西 尚子先生の「整えるヨガ 」や、高橋 エマ先生の「《究極のリラクゼーション》リストラティブヨガ 」などがおすすめ。fumiko先生の「朝の身体を目覚めさせるデトックスフローヨガ」など、経験者でも楽しめるヨガなど、さまざまなレッスンを開催しています。

ヨガをライフスタイルに取り入れて、ぜひお家でもヨガを楽しんでくださいね。

この記事を監修してくれたのは

栗原ともこ
栗原ともこ
パティシエの仕事でフランスやカナダへ滞在後、Vancouverで大自然やヨガに出会い、ヨガインストラクターへと転身。ヨガとパティシエ=健康と食を中心に発信を続けています。解剖学や陰ヨガを学び、これからの健康を考えるヨガを伝えて行けたらと活動をしています。続けることで一歩一歩かわることがある、そんなヨガをライフスタイルに。

classmall(クラスモール) オンライン習い事マーケット