最新の記事

身体が硬い人ほどヨガを!柔軟性は必ず必要なもの?

みなさん、こんにちは!
小豆島のヨガインストラクターのMOMOYOです。

突然ですが、皆さんはヨガに対してどんなイメージを持っていますか?

  • 柔らかくないとできない
  • 女性の趣味・フィットネス
  • スピリチュアルな感じで敷居が高そう

など、皆さんそれぞれにヨガのイメージがあると思います。

私自身、身体は硬い方に分類されるヨガインストラクターだと思いますが、それでもヨガが大好きで、こうして講師として活動しています。
「身体硬いし、無理だ。」と諦めて、ヨガと出会う機会を失ってしまうのは本当にもったいない、と常日頃感じているので、
今日は上の3つの中から「身体のやわらかさとヨガ」について、私が、身体の硬い人にほどヨガをしてほしいと思う理由をについてお話ししていきます。

そもそもなぜ身体は硬くなるのか

生まれた時は皆等しく、身体が柔らかかったはずです。
赤ちゃんの頃を思い出してみてください、おむつを変える時など何の苦もなく足がパカっと横に開いていませんでしたか?
開脚前屈ができていませんでしたか?(私はべったりついていました。)

それなのに、大人になってどうしてこうもカチカチになってしまったのか…
そう思っている方、沢山いるんじゃないでしょうか。

そもそも、柔らかかった身体はなぜ硬くなるのでしょうか?
赤ちゃんの頃は関節や骨がまだ未熟で、柔らかいのも当たり前。なのでその頃と成長した今を比べるのはやや強引で比較してもあまり意味がないのですが、成長していくにつれて身体が硬くなっていく現象に共通して言えるのは、

「運動不足で筋肉が凝り固まってしまっていること」

なのです。

何歳からでも遅くありません。適切な量の運動と、ストレッチを習慣にしていけば、時間はかかるかもしれませんが、必ず身体は反応してくれるはずです。(ちなみに私は3年かけて開脚前屈ができるようになりました。)

身体が硬いと感じている人ほどヨガをしてほしい理由

さて、本題に戻りますが、身体のやわらかさとヨガについてのお話です。


ヨガを始める前の私はと言うと、前屈は背中が丸くなるだけで倒れないし、後屈も腰が痛くてできないし、絶対ヨガなんて無理!と思っていました。

加えて、SNSでヨガについて検索をかけると、
「身体どうなってるの!?」と思う難易度の高いポーズや、まるで軟体動物のように身体を自由自在に操る人の写真が出てきて、どんどん無理だという意識が植えつけられていきました。

正直、ヨガの資格(RYT200)を取るためにスクールに通っていた時も、バレエや新体操をしていた同期はどんなポーズも美しくとれていたのに対して、私は事あるたびに「痛い!」と撃沈する事が多く何度も諦めかけたのも事実です。

ただ、練習を続けていくうちに、気持ちの変化がありました。

「あれ?前よりも前屈で手が前に伸びるようになったな」
「昨日よりも背中が伸びて呼吸が入る!気持ちいい!」

人と比べて出来ている、劣っているという事よりも自分自身の身体の変化を観察し、成長を純粋に喜べるようになったのです!
身体が硬い人にはいい意味で可能性があり、より一層自己探求ができるのではないかと考えています。

RYT200のスクールに通っていた頃、身体の柔らかい同期の一人が
「確かに身体が柔らかいと、たいていのポーズは取れるよ。でも柔らかさだけに頼ってポーズをとると、本来使いたい筋肉が使えなくて悩むこともあるんだよね。」と話していたのを思い出します。

逆に考えると、身体が硬いということは筋肉もある程度あるはず。
それを活かしつつ、更にヨガで柔軟性をつけていくことで、より安全に、ヨガを楽しむ事ができるのではないかと考えています。

  • ちなみに、3年ほどでここまでできるようになりました!(ラージャ・カポタアーサナのバリエーション)


とはいえ、いまだに柔らかい人を見ると、ちょっぴり「いいなぁ!」と思ってしまう自分もいます。
身体が硬い人柔らかい人、きっとそれぞれにないものねだりをしてしまうのでしょう。
そんな時こそヨガの基本に立ち返り、何のためにヨガをしているのか?誰かよりポーズを上手に取るため?…「自分のためだよね!」と再確認していきたいところです。

ストレッチ感覚!ヨガで筋肉を柔らかくしていきましょう!

classmallでは、ヨガ初心者の方向けレッスンがたくさん開講されています。
どのレッスンも先生方がひとりひとりの身体を丁寧に見ながら、リードしてくれるので安心してレッスンを受ける事ができます。

今は身体が硬いけど、柔らかくしたい、自分の成長を感じたい!という方は、橋本あん先生の「体が硬い人&さらに柔らかくなりたい人に届ける♪柔軟性アップヨガ」を受けてみてはいかがでしょうか?
受講された方からも、「先生が自分の身体の気になる部分を丁寧に拾ってくれた。」「声かけが丁寧だった。」と好評のレッスンです!
このブログが、一人でも多くの人がヨガに出会うきっかけとなってくれる事を願っています。

この記事を監修してくれたのは

MOMOYO
MOMOYO
広告会社での営業職として勤務中に心身のバランスを崩し、その時にヨガに出会う。会社員を退職し、パーソナルトレーナー・ヨガインストラクターとして都内で活動していたが、2020年、東京から小豆島へ移住。現在は島内にオープンした古民家スタジオで老若男女問わず楽しめるレッスンを行なっている。