最新の記事

ヨガでアンチエイジングを目指そう!お悩み別オススメポーズを解説

年齢を重ねると、どうしても肌や体の衰えが気になるもの。
運動しても痩せにくくなった、食べたらすぐ太るようになったなど代謝が悪くなったことに悩む人も多いかもしれませんね。

そんなエイジングに関する悩みは、ヨガで改善することができるかもしれません。

今回は年齢を重ねることで出てくる悩みの中でも特に多い「顔のたるみ」「ボディラインの崩れ」「代謝の低下」にフォーカスし、それぞれを改善するヨガのポーズをご紹介します。

現在悩んでいる方もそうでない方も、ぜひ取り組んでみてくださいね!

顔のたるみに効くヨガポーズ

ほうれい線が濃くなった、フェイスラインにキレがなくなったなど、ダントツで多いのが顔のたるみに関する悩み。
ヨガで頭皮やフェイスラインを刺激して、顔まわりをスッキリさせましょう。
血流がよくなれば顔の血色もよくなり、より若々しい印象を作ることができますよ。

  • 魚のポーズ
  1. マットに仰向けで寝る
  2. 手のひらを床に向け、お尻の下に挟む
  3. 背中側で両肘を寄せる
  4. 肘でマットを押し、喉を持ち上げるようにして頭頂をマットにつける
  5. 肘でマットを押し続けながら数呼吸繰り返す

「魚のポーズ」はフェイスラインや頭皮を刺激し、顔まわりをスッキリさせるポーズ。リフトアップ効果が高いため、顔のたるみ解消に効果的です。胸を開くことで呼吸が深まり、心身を安定させる効果もあるため、朝起きたときや寝る前に取り入れてみてください。ポーズ中は肘でしっかりとマットを押し続けるのがコツですよ。

  • うさぎのポーズ
  1. マットに正座で座る
  2. 額をマットにつけ、両手は顔か胸の横に置く
  3. 息を吐きながらお尻を持ち上げ、頭頂を床につける
  4. 両手をかかとに向かって伸ばすか、余裕があれば背中側で指を組んで前方へ引っ張る
  5. ゆっくりと呼吸を繰り返す
  6. 手を解放し2の姿勢に戻り、数呼吸おく

「うさぎのポーズ」は頭皮を刺激することでリフトアップを促すポーズ。「魚のポーズ」同様、頭頂にある「百会(ひゃくえ)」というツボを刺激できるため、自律神経を整えたり眼精疲労を緩和したりする効果もあります。マットに額をつけたら、頭皮全体をほぐすように体を前後に動かすのもオススメ。頭皮がほぐれることで顔の血色がよくなるため、見た目年齢が下がるかもしれません。

ボディラインの崩れに効くヨガポーズ

年齢とともにくびれがなくなり、いわゆる「ずん胴」に近づいているという危機感を抱いている人も多いのでは?
ヨガで筋肉を刺激すれば、ボディラインを整えることができますよ。

  • 板のポーズ
  1. 肩の真下に手首がくるように四つん這いになる
  2. 右足を後ろに引き、つま先を立てる
  3. 右足に揃えるよう左足を引き、両膝をマットから浮かせる
  4. 頭頂からかかとまでが一直線になるよう調整する
  5. ヘソを背骨に向かって引き込み、数呼吸繰り返す

「板のポーズ」は体幹や腕などの筋肉、インナーマッスルの強化に効果的なポーズ。全身を引き締め姿勢を改善する効果があるため、ボディラインを整えたい方は積極的に取り入れましょう。目線は下げすぎず、両手の間かやや前方を見つめてくださいね。また、ポーズ中にお腹がゆるむと効果は半減。お腹を凹ませるイメージでグッと力をいれたまま呼吸を繰り返しましょう。

  • 三角のポーズ
  1. マットに両足を大きく開いた状態で立つ
  2. 右足のつま先を右側、左足のつま先を正面に向ける
  3. 両手を左右に大きく広げ、右股関節を引きこむ
  4. 同時に右手と状態を右側に引っ張る
  5. 両手を上下に開き、目線を左手の指先に送る
  6. ゆっくりと呼吸を繰り返す
  7. 1の姿勢に戻り、反対側も同様に行う

「三角のポーズ」はくびれ作りに効果的なポーズ。さらに、便秘解消や骨盤の歪み解消など女性に嬉しい効果がたくさんあります。手足と頭頂をそれぞれの方向に気持ちよく伸ばすイメージで行い、深い呼吸を繰り返しましょう。ポーズをキープするのが辛い場合は目線を正面か下の手に移しましょう。少しだけ強度が下がり、ラクにできるようになります。

代謝UPに効果的なヨガポーズ

残念ながら、代謝のピークは10代の後半から20代の前半まで。
ヨガのポーズで筋肉量のキープと血流アップを心がけ、代謝アップを目指しましょう。

  • 椅子のポーズ
  1. マットに両足で立ち、足を腰幅に開き両手を腰に添える
  2. 息を吐きながら股関節を引き込み、膝を曲げて腰を落とす
  3. 膝がつま先より前に出ない位置まで腰を落としたら、両手を正面か天井に向かって伸ばす
  4. 脚に力を感じながらゆっくりと呼吸を繰り返す

「椅子のポーズ」は脚やお腹の引き締め、筋肉量増加による基礎代謝アップに効果的なポーズ。筋肉が増えることで血行も促進されるため、代謝を上げたい方には特にオススメです。膝がつま先より前にでないよう、しっかりとお尻を後ろに引いてくださいね。また、上半身が前に倒れすぎるのもNG。お腹と背中の力を使って、上半身を持ち上げましょう。

  • 鷲(わし)のポーズ
  1. マットに両足で立つ
  2. 右つま先を左足の外側につける
  3. 余裕があれば右つま先を浮かせ、さらに余裕があれば右つま先を左ふくらはぎにかける
  4. 両手を前方に差し出し、左肘が上になるようクロスする
  5. 手が顔の前にくるよう肘を曲げ、手の甲を合わせる
  6. 余裕があれば左手を外側からまわし、手のひらを合わせる
  7. 息を吸って背骨を伸ばし、息を吐きながら膝を曲げ上体を前傾させる
  8. 目線を指先に定め、数呼吸繰り返す
  9. 1の姿勢に戻り、反対側も同様に行う

「鷲のポーズ」は全身の血流を高めるポーズ。むくみや冷えが改善されたり、血色がよくなって若々しく見えたりとアンチエイジングに最適です。やや難易度の高いポーズなので、手足は無理に絡めずできる範囲で行いましょう。ポーズの後は手足をぶらぶらと揺すって血液が流れるのを促してあげると◎
手足がポカポカと温まるのを感じてみてくださいね。

オンラインレッスンで本格アンチエイジング!

ご紹介したポーズに慣れてきたという方や、どこか物足りなさを感じるという方は、ヨガレッスンへの参加がオススメです。
ポーズを単体で行うよりもしっかり体を動かすことができ、効果を感じやすくなります。

しかし、「いきなりヨガスタジオに入会するのはちょっと…」という方もいることでしょう。

そこでオススメなのがオンラインレッスンのclassmall
ヨガマットさえあれば、自宅で本格的なヨガレッスンに参加し、インストラクターの指導を受けることができます。

シェイプアップ系のレッスンからリラックス系のレッスンまで幅広いヨガレッスンを取り揃えているため、その日の気分に合わせてチョイスできるのも魅力的なポイント。

アンチエイジングの一環として、この機会に本格的にヨガを取り入れてみてはいかがですか?

継続が鍵!毎日少しずつ取り組みましょう!

アンチエイジングは1日で完成するものではありません。毎日継続して初めて効果を感じることができるもの。
ぜひこまめに取り組んで、美しさのキープに努めましょう!

ヨガだけでなく、積極的に階段を登ったり姿勢に気をつけたりと、日常的に体への意識を高めていくことも大切です。
全部は難しいかもしれませんが、できるところから少しずつ習慣化していってくださいね。

小さな習慣でも続けることで、今よりずっと素敵な女性になれるかもしれませんよ。

また、アンチエイジングへの取り組みは「遅すぎる」ことはあっても「早すぎる」ことはありません。
ぜひ今日から取り組んでみてくださいね。

この記事を監修してくれたのは

ゆとりーな
ゆとりーな
3歳から新体操をはじめ、チアダンスやジャズダンスなど様々なダンスに取り組む。
出版社での編集を経験後、渡米しヨガインストラクターの資格を取得。
現在はフリーライターとして活動しつつ、ヨガ&フィットネスインスタクターとして指導を行う。